みなさん、こんにちは^_^今年は、早い梅雨入りになりましたね!梅雨に入ると体調を崩す方が増えるのですが、体調の方は大丈夫ですか!?




今日は、梅雨による体調のお話しです(^-^)梅雨による体調不良の原因は、、、




1.自律神経の乱れ




自律神経には交感神経と副交感神経という2つの神経があり、その2つがバランスを取って私たちの心身の健康を保っています。しかし梅雨の時期になると、気圧が下がることにより本来交感神経が働かなくてはいけないときにも副交感神経が優位になったり、寒暖差による体温調整で自律神経に負担がかかったりします。そしてこれが、頭痛やめまいなどをおこしたりします。




2.湿気




梅雨のジメジメ、ムシムシする「湿気」も体調不良の原因の1つです。湿気が多いと皮膚からの発汗がうまくできなくなり、水分や熱が体内にこもってしまい、むくみの原因となります。水太りのような状態になるので、体が重だるくなってしまうのです。




3.日照不足




私たちの体は日光を浴びると、「ビタミンD」を作り出します。ビタミンDが不足するとうつの症状が出やすくなると言われてます。梅雨の時期は雨や曇りの日が多くなるため、日照率が低くなり、体内でビタミンDが作り出されにくくなるので抑うつ状態になりやすくなります。そのため体調不良まではいかなくても、なんとなく気分が晴れないと感じるように。




以上が主な原因と言われています。そんな梅雨による体調不良には、指圧やツボ押しなどで血液の巡りをよくしたり、自律神経を整えることで改善されたりします。あとは、食事などもあります。食事については、また次回のブログにて^o^




梅雨による体調不良でお悩みの方は、ぜひ一度恵整骨院にいらして見てください!




大阪市東成区 整骨院 恵 院長河野

LINEで送る