みなさん、おはようございます^ ^




急に寒くなりびっくりですね!!急過ぎて慌ただしく衣替えしなきゃ!!と大変です(^◇^;)
そしてみなさん、急な温度変化で体調を崩したりしてませんか!?
寒くなったことにより体は硬くなります。
今回は、そんな寒い時に「体調が悪くならないための自宅での対策」のお話です^_^




寒くなると体が冷えたり、筋肉が硬くなるので血流が悪くなります。
すると、自律神経が乱れて夜の睡眠の質が悪くなりったりします。そして、よく寝れなかったり寝付きが悪かったりもします。すると睡眠も十分に取れないことにより疲れも溜まっていき、免疫力が低下し体調を崩す原因にもなります。
そこで自宅などでできる対策として大事なのが2つ!!
◎1つ目は、秋の食材だったりします^ ^
そんな秋の食材をブラックボードにも書いてみました。最近受付さんが書いてくれましたよ✌️











ブラックボードにも書いてますが自律神経の働きを保つのに「ビタミンB6とB12」が大事です。それが豊富なのが秋刀魚です^ ^(青魚アレルギーの人は絶対食べないでね!)
◎2つ目は、温かい湯船にゆっくり浸かりストレッチをする事です。
そうする事で血流がよくなります。
サウナや岩盤浴に行くのもオススメ!(^。^)
この2つで、自律神経の乱れを調節してあげましょう!
秋刀魚以外にも良い食材は、他にもあるので気になる方は検索してみてください^ – ^




大阪市 東成区 鶴橋 恵整骨院 院長 河野

LINEで送る